06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
2008.10.13


とてもよい天気に恵まれた幸福な開港5都市麺フェスタは
2日目の最終日を迎えました。

  屋内ではお昼ころまでライブ演奏

  相変わらずの大盛況

  今日もチケット2枚

牛バラめん(神戸)

  

あっさり鶏ベーススープに、レタスと牛バラを載せた神戸は友屋の牛バラめんは、見た目ボリュームたっぷりで、最初にこれをいただくと後が大丈夫か?と一瞬怯みましたが、結局あっという間に平らげてしまいました。やわらかな牛バラ肉がそれはもう。

絶品たんめん(横浜)

  

たんめんを全国に広げたのが、他でもない、今回出店の横浜の一品香だといいます。元祖湯麺(たんめん)は、たっぷりと野菜が入っていて、コクがあるのにあっさりした味わい。もっとも長い行列に突入してやっと手に入れた伝統の味は、悲しいことにみるみるなくなっていってしまいました。愛するモノはすべて消えゆく運命なのか。

これで実は昨日から通算で全5種類中4種類制覇です。あと1種類。しかしそれをいただくと昼食一食で麺3杯となってしまいます。なんてことない、という人も多いでしょうが、わたしはそれはちょっとなあ、と思う性質です。しかしそうは思うものの、これほどの逸品たちを一度にいただけるのは本日限りという事実も直視しなければなりません。一瞬だけ悩んで(いや実はそれほどでもない)結局本日3杯目もいただくことにしました。後は野となる山となる。

皿うどん(長崎)

  

老李(LAO LEE)の皿うどんは唯一スープがなく、その代りたくさんの具が詰まったあんかけがパリパリとした細いチリメンにたっぷりとかけられています。そのアンがチリメンに染みたところが、固さと柔らかさ、甘さとしょっぱさが渾然一体綯交ぜとなった絶妙の美味ポイントです。いただいてよかった。


今回の催しは、開港というキーワードで繋がっている5つの都市を、食、それも麺という非常に限定された、しかし生活に密着していて「文化」や「器質」などが反映されやすい存在にスポットを当てて競演させたユニークな試みとして、大変興味深いものでした。イベントとしては大成功といっていいでしょう。開港150周年記念の他のイベントも楽しみになってきましたね。


帰り際、こっそりと忍び寄ってきていた秋と目が会ってしまいました。



Secret

TrackBackURL
→http://beicun.blog3.fc2.com/tb.php/1085-ca611ae1