09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
2008.10.18
EGO-WRAPPIN'初のベスト盤リリースに合わせて
収録楽曲が試聴できるブログパーツが公開中


PVが見られます
(見られるときと見られない時があるようです)


試聴専用

2008.10.17
  ないよ

2008.10.13


とてもよい天気に恵まれた幸福な開港5都市麺フェスタは
2日目の最終日を迎えました。

  屋内ではお昼ころまでライブ演奏

  相変わらずの大盛況

  今日もチケット2枚

牛バラめん(神戸)

  

あっさり鶏ベーススープに、レタスと牛バラを載せた神戸は友屋の牛バラめんは、見た目ボリュームたっぷりで、最初にこれをいただくと後が大丈夫か?と一瞬怯みましたが、結局あっという間に平らげてしまいました。やわらかな牛バラ肉がそれはもう。

絶品たんめん(横浜)

  

たんめんを全国に広げたのが、他でもない、今回出店の横浜の一品香だといいます。元祖湯麺(たんめん)は、たっぷりと野菜が入っていて、コクがあるのにあっさりした味わい。もっとも長い行列に突入してやっと手に入れた伝統の味は、悲しいことにみるみるなくなっていってしまいました。愛するモノはすべて消えゆく運命なのか。

これで実は昨日から通算で全5種類中4種類制覇です。あと1種類。しかしそれをいただくと昼食一食で麺3杯となってしまいます。なんてことない、という人も多いでしょうが、わたしはそれはちょっとなあ、と思う性質です。しかしそうは思うものの、これほどの逸品たちを一度にいただけるのは本日限りという事実も直視しなければなりません。一瞬だけ悩んで(いや実はそれほどでもない)結局本日3杯目もいただくことにしました。後は野となる山となる。

皿うどん(長崎)

  

老李(LAO LEE)の皿うどんは唯一スープがなく、その代りたくさんの具が詰まったあんかけがパリパリとした細いチリメンにたっぷりとかけられています。そのアンがチリメンに染みたところが、固さと柔らかさ、甘さとしょっぱさが渾然一体綯交ぜとなった絶妙の美味ポイントです。いただいてよかった。


今回の催しは、開港というキーワードで繋がっている5つの都市を、食、それも麺という非常に限定された、しかし生活に密着していて「文化」や「器質」などが反映されやすい存在にスポットを当てて競演させたユニークな試みとして、大変興味深いものでした。イベントとしては大成功といっていいでしょう。開港150周年記念の他のイベントも楽しみになってきましたね。


帰り際、こっそりと忍び寄ってきていた秋と目が会ってしまいました。



2008.10.12
函館開港150周年記念プレベントとして今日明日の二日間行われる『開港5都市麺フェスタ』は、長崎、神戸、横浜、新潟、函館の選抜・代表ラーメンの味を食べ比べることができるとあって開始前からたくさんの来場者で行列ができる大盛況でした。

  

まず、当日のみ有効のチケットを買います。もちろん5種類買ってもいいのですが、私は思慮深く2種類に止めておきました。選んだのは今回最も注目を集めている100年以上の時を越えて蘇った函館南京そばと、新潟 味濱家(みはまや)の醬油とんこつ、極みを超えた「極々み」です。

  

南京そば(函館)

  

関係者の執念が生み出した一言では表現できないうまみを感じました。あっさりとコクが同居し、控え目なのに力強い鶏ガラスープは、すべてを食べ終わり、次のメニューのために別の行列に並んでいるときですらその味わいが思い出されるという存在感です。そばの風味がしっかりと感じられる歯ごたえ十分の麺、理由や整合性まで考え抜かれた驚きの具たち(とりチャーシュー、銀杏、金糸卵、ほうれん草、ネギ)とともに、素晴らしい完成度を見せつけてくれました。ラーメンの始まりであった(かもしれない)南京そばは、実に見事な復活を遂げたようです。

極々み(新潟)

  

豚、鶏だけでなく魚介類も用いたスープは、その複雑さを絶妙なバランスの中に封じ込めていました。ちじれ麺にチャーシュー、焦がしネギにのりなどと絡まり合い、二杯目にも関わらずあっという間に完食。こってり系の王道といった感じでした。


『開港5都市麺フェスタ』は、明日10月13日も11時より開催です。


会場には他にも、NTT東日本、NTTドコモさん協賛で、自分の顔を携帯のカメラで撮って送信すると、それを世界のア-ティストが手書きの似顔絵にして返してくれる、というユニークな催しが行われていて早速参加してみました。



こんな感じになりました。



うーん。にてる。

2008.10.11
 毎年恒例、函館地区士業連絡協議会主催の、専門家による市民暮らしの無料相談会が、本年は10月26日の日曜日に函館市民体育館にて開催されます。



専門家による市民暮らしの無料相談会


日 時 10月26日(日曜日)午前10時 ~ 午後4時

場 所 函館市民体育館 2階 第一会議室

主 催 函館地区士業連絡協議会

  北海道税理士会函館支部 北海道社会保険労務士会函館支部
  函館土地家屋調査士会 北海道行政書士会函館支部 函館司法書士会

後 援 

  函館市 NHK函館放送局 HBC函館放送局 STV函館放送局 FMいるか

お問い合わせ先 

  函館司法書士会事務局 0138-27-0726


例えば、以下のような事に関して無料で相談ができます。お気軽にお越しください。

○所得税・贈与税並びに相続税諸問題等、税に関する相談

○年金・健康保険・雇用保険・労災保険並びに労務関係の相談

○土地の境界測量・境界確定、分筆・地目変更・建物新築登記

○営業許認可申請、遺言・贈与手続き、契約書等の文書作成

○相続・不動産登記、会社法人登記、成年後見、訴訟手続き等
 

なお、駐車場は大変込み合うことが予想されますので、公共交通機関のご利用をお勧めします。


2008.10.10
 日頃より大変お世話になっている函館日中友好協会さんが自らの35周年等を記念して、中国民俗楽器によるコンサートを準備中です。



日中友好青少年交流年記念 函館日中友好協会創立35周年記念
函館日中中国語教室20周年記念

中国民族楽器 悠久の調べ

天空に、また胸中に響く音律は流麗にして哀切。
紡ぎだす遠来の物語りは夢幻を誘い、現在を揺する。

日  時 2008年12月8日(月) 午後6時開場 午後6時半開演
場  所 函館市芸術ホール 大ホール
全席自由 2,500円

出  演

 中国瀋陽音楽学院・民俗楽器小組

 琵琶  季 王路王路(Li Lulu)
 二胡  張 明(Zhang Ming)
 揚琴  于 海英(Yu Haiyong)
 古箏  陳 窈(Chen Yao)

 領導  劉 剛(Liu Gang)

チケット取扱い

 松柏堂プレイガイド 函館市芸術ホール 七飯町文化センター
 FMいるか/カフェペルラ 茶館隗 函館日中友好協会

主催

 函館日中友好協会

後援

 函館市 函館市文化スポーツ振興財団 北海道新聞社
 函館新聞 FMいるか 株式会社NCV函館センター

お問合わせ先

 茶館 隗 Tel:0138-51-0041


詳細は函館日中友好協会のブログが当然のことながら大変詳しいです。



2008.10.08


今週10月10日(金)に、NHK総合のプライムHという番組ではこだて国際民俗芸術祭の特集が放送予定です。(北海道限定)


 放送日時  10月10日(金) 20:00 ~ 20:43

 番組名    プライムH

 タイトル   「歌えや踊れや 世界の音楽 ~はこだて国際民俗芸術祭~」


 CHECK IT OUT !

2008.10.08
美しき風景に心癒される『フォトフレーム時計ブログパーツ』



そういえばFlickrもやっていたのを思い出しました

ああもうあれもこれも


2008.10.07


 マイティ・オプティカル・イリュージョン Mighty Optical Illusion という、目の錯覚マニアには有名なサイトがあります。全編英語で、時には意味のわからないものも登場しますが、画像を見ているだけでもなかなか楽しめます。

 私の場合、特に M. C. エシャー M. C. Escher の数々の名作を、時には本人のもありますが、現代風に様々な手法で蘇らせたものや、彼の作風にインスパイアされた一連の作品たちがお気に入りです。

Escher's Moebius Ring with Ants
Ascending Ball Staircase Illusion
MC Escher's Google Earth
Escher's Waterfall Contructed in 3D
M C Escher Audi Drive Illusion
M.C.Escher's Curl-Up Animal Constructed!
Escher's Relativity Optical Illusion
Escher Style Category 

など
2008.10.06




おとなしくしていればなかなかかわいらしい

でもあばれんぼう

2008.10.06
函館市の路面電車を借り切ってはこだて国際民俗芸術祭のスタッフパーティー。









日常生活のど真ん中で別世界、という感覚がなんだかとても懐かしい。
学生のころ、新宿の駅の脇で平日の昼間、サラリーマンを横目で見な
がら酌み交わしたビールの味を思い出しました。

企画・準備してくれたみんな、おつかれさま。ありがとう!

とても楽しかった。